4ダックスと料理大好き父さんと日々のこと・・・
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20歳のお誕生日を迎えました♪
10月6日ブランディ・・・
待ちに待った20歳のお誕生日を
迎えることができました祝


20才の壁は厚いと身に染みて感じたここ数日
とぅさんの思いとかぁさんの思いを受けて20才を迎えてくれた
ことに感謝でいっぱいです。
たくさん、たくさんブランディに有難うをいいまするんるん



ブランディはティアラママとアルタックスパパとの間に
1995年10月6日1頭で生まれました。
性格も強く根性も座っている小さな巨人のぶ〜ちゃんは健康で
20才まで来ました。
だけど20才4日前、玄関土間で行き倒れているような姿で
身体は冷たくて慌てて、病院へ行き入院したのがこの時が
初めての出来事でした。
(10月2日の記事)
お薬の効果で食欲もあるのだろうとは思いますが
ただただ20才を迎えてくれたことが嬉しくて・・・
今、頭の中は何を書いていいのか・・・良い意味で動揺して
いる自分がいます。

今日の日のために16歳のお誕生日の時にもお願いした
アトリエワフさんにブランディのお誕生日ケーキを作って頂きました。
16歳のお誕生日ではカルテットをケーキに乗せて頂きましたが
今回もぶ〜ちゃんをリアルに描いて頂きました。
ぶ〜ちゃん↓・・似てませんか(*^。^*)


身体を支えるのもきついかなぁと思い。クッションで身体を支え、
記念写真を撮りました。。



今回ぶ〜ちゃんを支えてくれたり支えられているバロンも
一緒に記念撮影です。
バロンは早くケーキ食べたくて恨めしそうな顔で参加してくれました汗



秒読み状態の数日・・アクシデントで、お友達に大変心配をかけましたが
10月6日を無事に迎えることができました。

ブランディと暮らすようになって、たくさんのワン友さんに出会い
沢山のことを教えて頂き、何かあれば自分のワンちゃんのことの様に
心配してもらったり喜んでもらったりと感謝の気持ちでいっぱいです。

まだまだたくさんの思いを書きたいのですが。。

今日はぶ〜ちゃんの20才を共に喜んで頂けたら嬉しいです。。
 
一年が経ちました・・・
一月も終わろうとしていますが・・

2014年1月7日、
最愛の父とシンバを同日に亡くすという出来事に
感情というものが私にはないのではと思うような無の状態の一日でした。

当日午前5時過ぎに血管肉腫で14才10カ月で逝って
しまったシンバ、その日シンバのお通夜に駆け付けてくれたお友達を
見送ってすぐ、午後11時30分ごろ94歳で逝ってしました父
同日に最愛なる父とシンバをなくすなんて・・・

あれから、早いもので一年が経ち
シンバも虹の橋ではヴィント、ピコちゃんそして、
一緒に遊んだお友達にも会えて楽しく過ごしているのでしょうね!
そして、父は一人で逝ってしまいました・・・
その父の後を追うように、8月終わりに2番目の兄が父のもとへと
父もなかなか会うことができなかった息子とたくさんの話をしている
ことでしょう・・・

向こうに逝ってしまったヴィント、シンバ共に一度もかぁさんの元へ
来てくれることもなく過ぎた一年・・
寂しいけれど、きっとぶ〜ぶ〜やバロンのお世話で
忙しくしているんだろうと思っての気遣いなのかもと、
かぁさん勝手にそう思っています。
だって、そうじゃなきゃかぁさん寂しすぎるもんあせあせ
それに、納骨するこができなくて側においているから
たぶん・・いつも一緒にいるよって思っていてくれるのかも
しれないね!

そんな命日に・・・
シンバの奥さん(ミルキィーちゃん家)から綺麗に
お花が届きました<m(__)m>
同じ命日となった父とシンバへのメッセージ
ずっと忘れません・・・ってシンシン嬉しいね!

あの日もお友達の心遣いが嬉しくて・・・
それなのに、またお友達の心遣いに涙した日でした・・





ヴィントと同じ年の3月に虹の橋を渡った仲良しの玲雄君家からも
そして空君家からもメールを頂いたりと・・・
いつもお友達にも見守られカルテットとの充実した楽しい生活を
送ることができているのだとつくづく思います<m(__)m>


早くに感謝の意を伝えなければいけなかったのに・・・
今頃になってしまい申し訳ありません<m(__)m>

こんな我が家ですが、これからもどうぞよろしくお願い致します。





 
二つの結婚式・・
昨年暮れから姪の結婚式が続きました。

12月の終わりの週末、長兄の次女と1月中旬には三女も
続けての結婚式・・・

次女の結婚式は人前結婚式で執り行われました。。


風の冷たい日ではありましたが、二人を祝福してくれるように
とっても良いお天気で
教え子たちもお祝いに駆け付けてくれてみんなで記念撮影を
撮ったりとなかなか披露宴会場にすすめませんでした(*^_^*)


披露宴ではお色直しに長女の時と同じようにお友達にお願いして
ブーケとコサージュをプレゼントしました。
なので、どんなドレスを着るのかも知らされていないので
とっても楽しみでした・・・

古典的で個性的なドレスに合うように作ってくれて当日長崎から
届けにきてくれました。
Cちゃんにとっても似合っていて華やかさがまして
自分の子供が嫁ぐようで感無量でした・・

それにお色直しの時にはエスコート役に司会者の方から
Cちゃんのメッセージが読まれ、
(小さい頃から可愛がってくれたお兄ちゃんとお姉ちゃんに
 いつも有難う・・とコメントが・・)

一瞬誰だかわからずポカ~ンとしていると前へと促され
Cちゃんが一人待つ場所へ・・
一言お祝いをと言われ、何も考えていなかった私たち、それに
とぅさんは娘を嫁がせるかのように涙・涙ですぐには言葉が
でませんでした・・
子供の居ない私たちにとって、こんな嬉しいサプライズを用意してくれた
Cちゃんに有難うの言葉と二人で幸せになってねっていうことしか・・・
とぅさんは・・・
     H君Cちゃんを頼むよ~って指をさしながら 笑
この言葉をいうのに涙で何度も中断するぐらいだったとぅさん (^^ゞ

招待状が来た時も・・とうとう嫁にいくのかと、とても寂しそうで
返事には「嫁に行かないのは悲しいけれど、嫁にいかれるのは寂しい」
書いてくれと・・
そんな私たちの気持ちをくんでくれたのかと思うと
Cちゃんの優しさがとても嬉しかったです。。


そして、1月は三女の結婚式も・・・
この日もお天気の良い日でした。

それに長女も2番目の子供が生まれるころ、間に合えばいいねって
話していました・・
そして、会場に着き義姉に大丈夫だった?って聞くと
夜中3時過ぎに男の子が生まれたそうで長女は病院となりました。
三女の結婚と長女の二番目のベビー誕生の日とダブルでの
お祝いの日となりました 笑

三女のMちゃんは同窓会で知り合って長いお付き合いで結婚した二人・・
G君も父の法事などで何度も合っているし、お正月にも一緒だったので
今更感のある二人ですが、家族が増えていくことに我が家も便乗させて
もらえることに兄と義姉そして姪っ子達に感謝です。


披露宴では長女の息子H君(第1反抗期まっただ中 笑)が、
招待客の方に兄とビールのサービス・・
ママがいない方がとってもお利口さんでしたよ(*^_^*)
だって今日お兄ちゃんになったんだもんね〜(^.^)



お色直しに出た時にみんなで記念撮影・・


そして、三女にもお色直しのドレスのブーケとコサージュを
プレゼント・・・
この日もどんなのドレスを着るかは知らせていませんでしたので
とても楽しみでした。。
濃紺のドレスに合うように白いお花でまとめてくれて、
清楚で素敵なブーケが出来上がりとっても良く似合っていました。

みんな幸せになってくれたらいうことありませんね!




※ブーケを作ってくれたKちゃん・・
私の結婚式の時にブーケとコサージュをプレゼントしてくれた
長年のお友達、今は長崎にいて当日届けてくれたりと何からなにまで
大変お世話になりました<m(__)m>
素敵なブーケとコサージュ・・・姪たちもとっても喜んでくれて
お陰さまで叔母の役目を果たせた気がします。
有難うございました。。






 
走る〜
カルテットの思い出の場所での撮影ラッキー

枯れ葉の中を思いっきり走るバロン・・
写して頂いてこんな顔して走っているのだと思いながら
選んでいました。。



バロンの楽しそうな顔・・

まさに飛行犬だぁ〜 


↑の画像をみていると
走っている時は舌がでているんだと思ったり・・笑

ディスクやボールをしている姿も・・・
ブランディが最初に始めたディスク、そのあとを継ぐように
はまってしまったバロン・・
(ブランディも14歳ぐらいまで、ディスクをしていたんだよ!)







がにまたチックなバロンの後ろ姿は・・・もえ〜〜です 笑

今度はボールに変えて・・


↓ボールを前足でつかもうとするバロン・・
大きな耳や尻尾も一緒に飛んでるかのよう〜笑

来年は10才になるバロン・・・
飛んだり跳ねたりするのも・・あと何年できるのだろうと
思うと、白石様に撮って頂いて良かったって思いました。。


お散歩して走って、好きなディスクやボールをして
楽しかったことだと思います。。

そして締めくくりは・・・こんな姿で撮影終了となりました 爆
満足そうに身体を冷やすバロン・・至福の時なのかもあっかんべー


たくさんの写真を撮って頂き、また一つ宝物が増えました。


 
お家に帰ります。
続きです・・

夜中はぶ〜ぶ〜も起きることがありますが、
この日は起きずに朝まで寝ていました。

そして、ぷ〜ちゃんも夜中3度ほど起きました・・
その度に、ぷ〜ちゃんおいで〜って呼ぶと
すぐに枕元に来ては私の髪をかじかじと噛んで遊ぶぷ〜ちゃん
ヴィントも小さい頃、私の髪を噛んだりしてじゃれていたので
ヴィントが現れたような気分になり
ぷ〜ちゃんも同じことするんだと思ったら一層可愛さが増しました。

そして朝、いつものようにぶ〜ぶ〜をお越し
食事の準備をしていると、ぷ〜ちゃん台所のごみ袋から
何やらいいものを見つけたようで、必死で覗きこんでいました
危険なものを口にするといけないので、ゲートを閉めると
何と以前、バロンが小さい頃いたずらした個所から
入ろうと・・細いので、するっといきそうでしたが
マナーパンツがひっかかり、慌てて救出汗
なので、菓子箱を広げ応急処置↓


おかあしゃん入れてって必死でしたが・・怪我させては申し訳ないしムニョムニョ

朝食も昨晩と同じとにかく激しくて、ぶ〜ぶ〜の食事にも突進しそうな
勢いで、ぷ〜ちゃんにはゲージインさせてするとすんなり・・
バロンも勢いに負けそうで少しおどおどしていたのですが
いつものようにぶ〜ぶ〜と安心して食べてましたイヒヒ
留守の時になにかあるといけないので
シートの取り替え中にゲージにいれて様子見をしていると
悲しそうな声が聞こえてきました。。
なので、気にはなりましたが、フリーにして出かけました。

※半分どきどきしながら、
ぷ〜ちゃんの情報を日本獣医師会に連絡してみると
飼い主さんがわかりました。
勝手に市内にお住まいだとばかり思っていたので、北九州だったのには
驚きましたが何より、飼い主さんがみつかりホッとしました。
夕方にはお迎えに来られるということでしたので
残り少ない時間をぷ〜ちゃんと遊んで過ごしました。 笑


とぅさんの誘いにのってくるぷ〜ちゃん
足でぶらんこもしてもらったよ!



おやつもらったり・・





最後は記念撮影・・








19才のぶ〜ぶ〜と9歳のバロンとの静かな生活から
小ちゃいぷ〜ちゃんとの一日だけの暮らしでしたが・・
とっても楽しかったです。。
だから、ご主人が迎えに来られた時には返したくない気持ちと
安堵の気持ちが入り混じり、複雑な思いでした。。

これからは首輪をつけてもらってね!
今はペットショップで子犬などを購入すると、マイクロチップを
装着しているらしいので、IDがわかれば飼い主さんを
探すことはたやすいのかもしれませんが・・・
いなくなった時の飼い主さんの気持ちと・・
土曜日から行方がわからなくなった(仮)ぷ〜ちゃんはとっても寂しくて
食べるものもなくさぞ辛かっただろうと思うと涙が出ます。。

ぷ〜ちゃん・・元気でね!!!

一日だけのお預かりでしたが、あまりにも重いが
強くなりすぎて放心状態でした・・・
(仮)ぷ〜ちゃん有難う。。


 
(仮)ぷ〜ちゃんのその後・・
やっとお家に着いたらしい・・
おかぁさんのスリングに入っているのが気持ち良くて
降りたくなかったけど・・チッチもしていないからと
トイレシートはここだよって教えてくれたので直ぐにチッチすると
たくさん褒めてくれたのわーい

その後、おかぁさんは食事の準備・・・
美味しいお肉の匂いがしたので、台所に入ってみたよラッキー
そのあとも何度もゲートが開いているとすぐに入っていくから
おとぅさんに捉まっちゃったたらーっ
そして、あまりにも毛がもつれていたので櫛で梳いてくれたの!
すると気持ちよくて・・
(ぷーちゃんはおとなしくされるがままだったので安心しました)

少しは綺麗になったぁ〜うふふ・・・ぴかぴか

とってもお腹すいていたのでご飯の時間は嬉しかった・・・
はしゃぎ過ぎて、おとぅさんにホールドされちゃった(*^_^*)
↓の画像はいつもの風景にみえますが、とにかく大変でした
バロンも定位置ではないので、おろおろしていたのには
笑えました・・



我が家はフードを置いていないので、大丈夫なのか心配しましたが・・
おかぁさんはフードじゃないのでお腹壊したらって心配
していたけれど・・ぜ〜んぜ〜んたくさん食べたよ〜モグモグ

食後のチッチはシートでしなかったので、おむつをつけられちゃった
マナーパンツは女の子だからオレンジの新しいパンツラッキー
でサイズあっていないけど・・
おとぅさんもおかぁさんも可愛いっていってくれたのラブ


私の様子をみていたおとぅさんとおかぁさんは
ず〜と以前からいたようだねってポッ

食事がすむと、ぶ〜お爺ちゃんもバロンお兄ちゃんも
眠っちゃた・・眠たい
ぶ〜ちゃんも予想外の出来事に疲れたようです。。

バロンは公園でたくさん遊んだから眠くなっちゃたね!


そうだ!ぷ〜ちゃんが休める場所を作らなければ・・・
シンバが亡くなってから、片づけていたゲージをだして
ぷ〜ちゃんの居場所を作りました。。
おもちゃも準備したり・・何だかわくわくしている私たち 笑

入ってくれるといいのだけど・・・

閉じ込められるのは嫌いかもてれちゃう
姿が見えなくなると、クンクンいって泣いていたので
年はまだ1歳ぐらいではないかと思いました。


お兄ちゃん達もお布団にもぐって眠ってしまったので
私も・・お腹も満たされて眠くなってきたので
毛布の中で寝ているお兄ちゃんの上でほろほりしていたら、
ウッ!って怒られたけどぜんぜん平気 イヒヒ
おやすみなさい・・・眠たい

天使の寝顔にノックアウトされたのは言うまでもありません 笑


ぷ〜ちゃんも疲れたのでしょうね〜汗
この寝顔を見ていたら・・
いつまでもここに居ていいよって思った・・
とぅさんとかぁさんでした。。


もう少し続きますのでお付き合い頂けると嬉しいです。。

そして、ぷ〜ちゃんにポチっとして頂いたらとっても嬉しいですムード
私の名前は?
(仮)ぷーちゃんです。。
ぼさぼさだったので、おとぅさんがブラッシングをしてくれました。。



どうして、私がこのお家にいるかはこれからお話しますね!

先々週の日曜日にワン友さん達が集まる公園で保護されたの!
どこから来たのか?どうして一人ぼっちになったのかもわからなくて
だけど優しい人たちに囲まれて、暖かいスリングに入れてもらって
ワンちゃんを連れた人たちから、おやつやスキムミルクを飲ませてもらいました!

保護してくれた人たちが、どこからどうして来たのか??だらけで
推理が始まったの、でも私お腹がすご〜くすいて
いておやつに目がなくてそのことしか頭になかった・・・(^^ゞ

そこで、首輪もない私は名前もわからないので、マイクロチップの有無を
調べて貰う為に日曜日に開いている病院を知っている、ご主人が私を
連れて行くことになったの!

おかぁさんが院長先生に事情を説明し、マイクロチップの有無を調べると
チップが入っていたんだって・・IDもわかったらしいけど
認証できなくて明日になったの・・
そして、院長先生から、痩せすぎだって体重1.6キロしかなく
それに歯石もついていてまだ犬歯が二枚歯になっているしと
いろいろとお話してた!年齢は3歳ぐらいかなぁって・・
それから、病院を出て警察に届けをだしてくれたよ!

その後、
私、ブランディお爺ちゃんとバロンお兄ちゃんのところに
泊まるようになったの!
そこで、呼び名をどうしようということになり、おかぁさんが
トイプーだから(ぷーちゃん)って仮の名前を付けてくれたの!

私ね!今日はゆっくり眠ることができるし、ご飯もたくさんたべれる
と思ったらちょっとわくわくしてきて・・・
お家の中を走り回ってバロンお兄ちゃんにもアタックしたら
怒られちゃった 笑

それからのことは・・次回に続きます!!











 
昨日の余韻・・・
昨日は・・・ブランディのお誕生日にFBなど
たくさんのお祝いコメントを頂き本当に有難うございました
<m(__)m>

いつも気にかけてくれるお友達のメッセージはとても嬉しくて
ブランディが普通にそばにいてくれることにあらためて感謝です。

とぅさんもブランディの19才という年齢と、いるはずの
シンバ、ヴィントがいないことなど・・・
感慨深いものがあったのでしょうね!

仕事の帰りにぶ〜ちゃんの好きな馬肉を買ってきてくれましたプレゼント
馬肉を調理していると、段差があるのに躓きながらも台所に来て
バロンと待っている姿が可愛くて、あまあまとぅさんから
先にいただきますウィンク



馬肉の調理はとぅさんに任せて、かぁさんはいつもの食事作りをして
出来上がったのが↓です。。


この後、記念撮影をするも・・・
馬肉の匂いに釣られ、カメラに目を向けてはくれません(T_T)
ビデオもとったのですが・・・もう危なくて(^^ゞ
とぅさんと二人係で19才のお祝いもなんとか無事に終えることが
できましたイヒヒ
取り残されてしまったバロン・・ごめんね〜



この後、野菜などはマッシュして、とぅさんは馬肉と野菜を細かくして
くれてやっと食事となりました。





そして、馬肉は私たちもご相伴にあずかりました(笑)
↓のバロン・・・また、写真って思ったのか
カーミングシグナルのオンパレードでした(ごめんね)


カルテットの時も特別な日はとっても大変だけど・・
ぶ〜さまの破天荒ぶりと大騒ぎをしながらのお誕生日ディナーも
無事に終了しました(*^_^*)

お祝いメッセージはとっても嬉しく、ブランディと出会った19年は
楽しいことばかりで、欲張りはいけないかもしれませんが
これからもこんな日が続いてくれたらと願わずにはいられません。。

本当に有難うございます。。



 
2月24日・・・
当日は、父とシンバの49日でした。

父の49日の法要は22日土曜日に兄の自宅で無事にすませました。
兄の家に行く途中には梅が咲いていて、とても良い香りをはなっていて
水仙もあっちこっちにみられ、法要に来て頂いた方と語らいながら、

母が入院して、一人になってからも花を切らすことがなかった父・・・
特に水仙の時期になると私も貰って帰っていったことを思いだしました。

そして、シンバの49日はとうさんとシンバの写真を見ながら
話しかけたりと・・・家族で過ごしました。

49日を迎える一日前にAHMちゃんママさんより、素敵な贈り物を頂きました。



シンバ&ヴィントの編みぐるみのストラップです。
二人に良く似ていて・・・いつまでも側にいるよって言ってくれているようで
とっても嬉しかったです。



それに綺麗なお花(プリザーブドフラワー)までも頂いて、本当に本当に
ママさんのお心遣いに涙がでました。

シンバとヴィントのことを忘れずにいて下さる事がとても嬉しかったです。



AHMちゃんママさん・・・本当に有難うございました。

ピコちゃん、シンバ、ヴィント・・・

お空からみんなを見守って下さいね!

もう一つの・・・
1月7日は午前5時過ぎシンバが虹の橋を渡ったその日は
長い休みを終えたばかりでしたので、ずっとシンバの側にいてあげることが
できず涼しい部屋に安置して仕事へと向いました。

そして夜は、いつものお友達がシンバの元へ駆けつけてくれました。
ヴィントのことがあって2ヶ月でシンバが逝ったことはお友達も
私達のことをとても心配してくれました。(有難うございました)

遠いところからも駆けつけてくれたお友達を見送って家に戻ると兄から電話が

父のことでした。

病院から電話があり父が呼吸をしていないようなので、
すぐに病院に来るようにということでした。
またシンバを一人にさせなくていけないのがとても辛かったけれど・・

とうさんは少しお酒を飲んでいたので、私が運転することに
今の車に慣れていないしどこに行くにも父さんの運転で、
それに車はATなのに、左足も使った?
なんていうものだから、父さんからばかじゃないとっと叱責され
でも何が何だかわからなくて・・

それと困ったのはバロンでした・・・私達が落ち着かなく準備しているので
ブランは寝かせて、仕方なくバロンを連れて病院へ向かいました。

病院に着くと兄達が既に到着していてお父さんは?っていうと
兄たちも病院に向っている時、11時30分に死亡の確認をしましたと
連絡があったそうで,葬儀屋さんに連絡をしていたところでした。



その日の夕方、兄から病院に行きますかと連絡がありましたが、
シンバの事を伝えると兄が病院に行ってくれて、4時間後の事でした。

父は誰にも看取られず、一人で逝ってしまいました。
1月7日 11時30分逝去 95才でした。

シンバと父と・・・同日に大事な二人を亡くしてしまうなんて・・・


昨年のお正月、父と二人で過ごした時に父と初詣に行き、
父の案内で島めぐりをしたことが思い出され、父と良い記念になったね〜って
話してから一年・・・
義姉から母の病院に来た時の写真が送られてきたので、
母にもみせてもらおうと写した写真が↓こちらです。

改まりながらも微笑んで写真におさまってくれた父の顔が大好きです。
この時94才でした。
100才まで生きるからと言っていたのに・・・



母にも会わせて上げたかった・・・


続きを読む >>