4ダックスと料理大好き父さんと日々のこと・・・
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 11月3日・・・ | main | お通夜・・・ >>
11月4日・・・
ゆっくり過ごすことが出来た日曜日も終わり、4日午前1時過ぎ・・
かあさんの顔に寝息が・・・
目をあけるとヴィントがかあさんの方を向いて寝ていました。

ヴィンちゃんやったと〜って、嬉しくなって・・・
ず〜と身体をさすっていると・・・
起き上がろうとするので、トイレに行くのだと思い行っておいでっていうと・・・

う〜んという声を発し伏せの状態に・・・
抱き上げるとまた力がなく、父さんに夜間救急病院に電話をしてもらい

土曜日からの状況を説明し、救急病院には供血犬が居ないので、
同居犬がいますか?って訊かれたので、ダックス8歳の子がいますと伝えると
一応一緒に連れてきて下さいということでバロンを連れて病院へと向いました。

そして・・・何度も迷いながら
ふるふる先生から何か会った時の為に教えて頂いた番号にメールを・・・
だけど、結局電話をしてしまいました・・・
先生にすみません・・・と言いながら直ぐに出て頂いた先生の声を聞いて、
私の気持ちも落ち着くことができ、状況を説明して今から病院へ行きますと伝えました。

ヴィントを抱っこしながら救急病院へと向かう途中・・
2度ほどうって戻しそうな声をあげました。
もうすぐだからねっといいながら・・・とうさんに急いで!

すると、視線を感じてみると・・・かあさんを見つめているヴィントが
ヴィンちゃん・・そんなにみられるとかあさん恥ずかしいよ〜っていいながら
涙があふれ・・・その時もしかしてと
心臓に手をあてると・・・
心臓の動きが弱くなっているのを感じながら救急病院に到着しました。

病院では先生と看護師さんがヴィントを直ぐに診察室に運んで頂きましたが
意識がなく心臓も・・・

行く前に電話で組織球性による肝臓の転移を説明していましたし、
土曜日に輸血の事も伝えていました。

処置しますか?って訊かれましたが、このままでというのが精いっぱいでした。
そしてエコーでも診て頂きましたが・・・これは!っとひと言

輸血の時にしてもらったヴィントのブルーの包帯を外してもらい
身体を綺麗にして頂いて私のもとへと戻ってきました。

先生と看護師さんが私達の車を見送って下さり・・

破裂などの急変など・・・救急病院に行くことがあるかもしれない時には
病気の名前と肝臓転移のことなどを伝えてねって教えて頂いていました。

そして、ふるふる先生に夜中2時半を過ぎていましたので、
メールをすると直ぐに電話がかかってきました。

先生の声を聞いた途端・・・涙があふれて・・・
遅くに電話をしてしまったことなど救急病院でのヴィントの様子を伝え
本当にすみませんでしたというばかりで・・
でも先生は起きていたからって!云って頂き本当に有難うございました。

お留守番させていたブランディとシンバの待つ家に到着して

ヴィントを・・・お家に着いたよってお布団に寝かせ




ヴィントを挟んでみんなで寝ました。

だけどなかなか眠れなくて・・・








スポンサーサイト
こんばんわ。
おぼえていらっしゃいますでしょうか?
以前、動物病院で何度かお会いし、お話させて頂きました東川と言います。

以前から、ブログを見させて頂いていたのですが、9月7日に、偶然病院でお会いし、ヴィントちゃんの様子もお話して頂いて、その時は、まだ元気そうに見え、その後もブログにお邪魔させていただき、10月からの通院が週に1回になったこともしりました。
11月は、是非お会いしたいと思い、11月9日の土曜日に、仕事のお休みがとれたため、検診に行こうと予定していました。
それなのに、11月6日にブログを拝見すると、4日にヴィントちゃんが亡くなったとのこと・・・
おもわず、号泣してしまいました。

その後の、ママさんの、ブログをみるたびに、とても他人事とは思えなく、どうしようかと迷いましたが、コメント欄にて、メ−ルさせて頂きました。
上手くことばにできませんが、
ヴィントちゃんのご冥福をお祈りいたします。

パパさん、ママさん心も身体もご自愛ください。

ブランディちゃん、シンバちゃん、バロンちゃんのご健康とご多幸をお祈りいたします。

突然のメ−ル、失礼しました。
また、いつか病院で会えるといいですね。
ダックス三匹のママ | 2013/11/21 00:36
*ダックス三匹のママさん
ご訪問頂きまして有難うございます。

9月7日にはたくさんお話をさせて頂いて、待つ間も楽しく・・・お友達になれて嬉しく思っておりましたので、毎週土曜日に行くようになってからお会いできたらいいなと思っておりました。

そして、ヴィントのこと案じて頂いて本当に有難うございました。
いつもと変わらぬ様子でしたが、通院日の日に突然調子が悪くなり・・2日後のことでした。
私に抱っこされて眠るように意識がなくなるのを感じながらでしたので、私達にとっても苦しまなくて良かったと思うと同時によく頑張ったねって思っています。
もう、ヴィントに触ることができないのがとても寂しくてなりませんが・・・
我が家にもブラン達がおりますので、これからはヴィントの分までケアに努めていきたいと思っています。

実は11月9日に病院へお礼に伺うようにしておりましたが、急用で行けなくなり、16日にご挨拶に行ってきました・・その折、ふるふる先生より
東川様のお話をお聞きしてとても嬉かったです。

ママさんも三匹の可愛い子達の為にどうぞお身体をご自愛されながら、またお会いできるのを楽しみにしております。

三匹のダックスちゃん達の健康をお祈りしております。

そして、
コメント頂いて本当に有難うございました。









ブーママ | 2013/11/21 13:05
ごめんなさい。
全く知らなくて。
コメントを読み、取り急ぎ書いてます。
記事はまだ読んでません。
会社なので泣いてしまうから。
帰ってからゆっくり読ませて下さい。
お悔やみを言うのが今ごろになり、
本当にごめんなさい。
ヴィントちゃん、頑張ったねとだけ
伝えて下さい。
くーちゃん | 2013/11/25 13:53
ヴィントちゃん、最後のときをブーママさんに
知らせにきたんですね・・
ブーママさんもご主人も、そして誰より
ヴィントちゃんは本当に頑張りましたね。
手術、抗がん剤治療、転移、輸血・・
物言わぬ犬だからわからないけど
痛かったり苦しかったりしたことも
あったでしょう。
だけどいつも家族や他ワンちゃん、お友達
たくさんの人に励まされて頑張ってきたのですね・・
ヴィントちゃん、本当に偉かった。
本当によく頑張ったと思います。
きれいなお花やお友達に囲まれて、ヴィントちゃんも
ブーママさんも幸せですね。
ヴィントちゃんの体を蝕んだガン、この小さな体では
いっぱいいっぱいだったのでしょうね。
寂しくてたまらないと思うけど、お体には十分気をつけて下さい。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
ヴィントちゃん、お疲れ様!!
くーちゃん | 2013/11/26 01:25
*くーちゃんさん
ブログにコメントをしてしまいましてご迷惑をおかけして申訳ありませんでした<m(__)m>

ヴィントの事ではいつも案じて頂き本当に有難うございました。
何故、ヴィントばかりと思う事も多く、本当に幸せだったのだろうかと思う事もありますが
私達にとっては我が家に来てくれて有難うという気持ちでいっぱいです。

そして、ヴィントは最後まで本当に最後まで頑張ってくれていました・・・
だからこそ、もっともっと私達の側に居てほしかったと・・・
でもそれも叶わず虹の橋へと旅立って行きました。
だけど、虹の橋にはピコお兄ちゃんやたくさんのお友達がいるので、体も軽くなり陽のあたる場所でみんなにご挨拶していることだろうと思います。

生前は大変ご心配をかけ、そして応援をして頂いたことがヴィントも私達もとても励みになり心から感謝申し上げます。

どうぞくーちゃんさん家のワンちゃん、猫ちゃん達
そして、ご家族の皆さまの健康をお祈りしております。

これからもブログにお邪魔させて頂きたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

有難うございました<m(__)m>



ブーママ | 2013/11/26 12:52
COMMENT









Trackback URL
http://pvrans.jugem.jp/trackback/647
TRACKBACK