4ダックスと料理大好き父さんと日々のこと・・・
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ご報告・・・
11月4日午前2時30分・・・
ヴィントはピコちゃんのところへと召されました。





翌日ヴィントの葬儀を執り行い虹の橋へと旅立ちました。


ヴィントのことで心配をかけたお友達・・・
ブログでもいつも励まして下さったお友達・・・

ヴィントの病気にいつも全力で関わって頂いたふるふる先生と院長先生
パル動物病院のスタッフの方々に・・・

      心から感謝を申し上げます

4日にヴィントの元に駆けつけてくれたお友達には心よりお礼を申し上げます。

またヴィントの事は回想として記していきたいと思います。

ヴィントを可愛がって下さった全ての方に感謝致します。
何が食べたい?
ヴィントの通院記録は10月から滞ったままになってしまいました・・(^^ゞ

2週間ごとの通院だったはずが10月から毎週末の通院に変更となりました。
今まで正常値だった値が変化し始めてきましたので、そのことについては
また後ほど記したいと思います。

値が変化するということは、ヴィントの身体の中にある腫瘍もそうですが
それが原因で食事についての食べむらも多くなったことも原因です。

今朝、食べた物が明日は食べてくれるかというと駄目で夕食は大丈夫だったり
そんなことが続いているヴィントの食事事情です。

週末のお散歩ではオヤツ探索に忙しくしている姿がほとんどで
その状況をみているのがとっても嬉しいかあさんなのですが・・・

普段の朝食はかなりの時間も要するし、選択肢も幅広くでないといけないし
腫瘍の大きさからしても胃を圧迫しているからだと思われます。

なぜか?卵やレバーなどは良く食べてくれます。

それで、こんなものを購入してみました。

↓のデビフのひな鶏レバー水煮は食いつきが良かった一品です。

そして何かの時の神頼み、バロンさまを誘い水に助けてもらってます(有難う)


↑玄米ビーフンに鯛を添えてあげたら食べてくれました。
魚は割に好んで食べてくれる食材です。


レバーのソーセージなどは好きで・・・おやつにあげたり食欲のない時の誘い水です^m^


とにかくたんぱく質をたくさん摂って欲しいので、何が良いかと思い

以前にも作った・・・ハンバーグを↓

材料は合挽き肉、ドライ納豆、豆腐、おから、卵、蓮根、人参、
ベジサポ(病院からの栄養補助サプリ)


↑ハンバーグはおやつにも良くって、納豆のにおいがたまりません 笑
納豆嫌いの人には避けたいかもですね〜(^^ゞ
病院に行った時にご褒美としてあげると
良く食べてくれますし、私達にもちょっと味をつけると美味しく頂けます 笑

ヴィントが何を食べてくれるのか・・格闘中のかあさんです 笑
通院日・・・
 21日はヴィントの通院日でした。
父さんがいる日は気持ちも楽になり、そしてこの方も必ず付き添いに
家にいた方が楽なのに何故?って問うてみたくなるかあさん・・

でも、バロンは楽しいことがあるはずだと思っているんでしょうね!

当日は連休で車も多く、遅れるかと思いながらも何とか予約時間に
間に合いました。

そして呼ばれて診察室へ

いつものように体重測定・・
4キロだった体重は3.8キロに落ちていました。

バロンも測ってもらうと5.6キロ〜  あらら・・
腰に負担がかからないように食事の量など考えなければいけないですね!

そしてヴィントの診察です。

まず血液検査・・・そしてエコー検査です。

体重の減少が気になりながらエコーで肝臓をみると

9月7日の画像は↓でしたが・・



21日の画像は↓のようになっていました。



7日より右の腫瘍が大きく、左の腫瘍はやや小さく・・・
赤い部分の腫瘍が大きくなっているのが気になるし
赤い部分の腫瘍は肝臓の外にできているので破裂のおそれも・・

もし破裂でもしたらと思うと気が気ではありません・・・
その時は止血が最優先だし輸血も
※脾臓の摘出時にも輸血の心配がありましたが、輸血には至らずに
終了して安心したのを覚えています。

破裂は時間との闘いだと思うので、そうなる前にクロスマッチができればと
思ったのですが・・・

その時になってクロスマッチをした方がいいということでした。
そのことで、先生が説明をして下さったのですが大事なところは
聞き漏らしてしまいました( ;∀;)
頼りないかあさんです(´・ω・`)
今度はちゃんと書き留めておかなければと反省です。


最高19まで上がったCRPの数値ですが、最高の計測値はと
尋ねた時20までということでしたが、とうとうoverという文字が・・




それと血糖値が初めて下がってしまいました。
GLU血糖値(70−143)74→64

他の数値は・・・
白血球(5.05−16.76)71.5→97.26
ヘマ管(37.3−61.7)35%→33%
ALT(10−100)96→94
ALKP(23−212)222→287

糖分は癌の餌になるし、だけど糖が少ないと低血糖で倒れる可能性もあるし
それで、食事は回数を多くして、血糖値が徐々にあがるように
糖の吸収が遅い脂肪とタンパク質を摂取させて下さいとのことでした。
糖の吸収が早い食事は△だということでした。

腫瘍が見つかった時も、前にも書きましたが炭水化物を控えめに
(特に白米などはNGで玄米や雑穀米などはOk・・
血糖値が少しずつあがるのでまだ良いということでした。


今回、ビタミンBとビタミンCを摂取すること・・・
但し、ビタミンAとEの摂り過ぎは△だということでした。

そして、
血糖値が下がったことで、
次回の診察時は食事をすませてからでいいよって言って下さいました。

薬は今までと同じで夜のみです。

その日は腫瘍が大きくなっていたこと、血糖値が下がったり
CRPが測定できないぐらい炎症がひどいということなど
落ち込んでいたかあさんでしたが、お友達から会えたらという連絡を
頂いて、待ち合わせの場所に行った時に頂いたのがブログに掲載した
写真集でした・・・

写真集を開いた時にピコちゃんの顔が見えた瞬間
涙が・・・いろんな思いとお友達の優しさに・・・
最近とても涙もろくなったかあさん・・・

ヴィントの前ではいつも大丈夫だよ!かあさんが付いているからと
自分にも言い聞かせるように言っているのに・・・
ヴィントはかあさんの気持ちにはとても敏感なので、
しっかりしないといけませんね!

病院から帰った日のヴィントは疲れているのか・・・
ゆっくり休んでね!!



そして付き添いだったバロンはというと・・・
この方もお疲れのようでシンバ父さんを足蹴りにして隅っこに追いやり
自分はいつものへそ天で無防備に寝ているバロンです!

だからついてくると疲れるよって言っているのに・・・( ゚Д゚)
お留守番させられるのは嫌なバロンです。



〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*

今度の診察日は消防点検の日・・・
父さんは熊本から帰って来る日なので、二人連れていくことは無理だし
消防点検時の非常ベルはバロンにとっても非常なくらい怖いのです・・・
かあさんは、ヴィントと出掛ける時の後追いがとっても怖いです 大汗
一喜一憂・・・
ヴィントのお誕生日には・・・
心のこもったコメントを頂きまして本当に有難うございました<m(__)m>

ヴィントが無事にお誕生日をむかえることが出来たことに感謝致します。

そして、いつも側にいるブランディ達、そしてヴィントの病気に携わって
下さっている先生と励まして下さる病院の方々、
そして近くにいていつも応援してくれるお友達、また遠くからもいつもヴィントを
気遣ってくれるお友達と・・・
たくさんの思いを頂いたからこそ迎えることができた13歳のお誕生日でした。

そして、きつそうだったヴィントが何よりまだまだ僕は負けないよって
頑張ってくれたお陰だと・・・、

13年前に虹の橋を渡ったピコとの暮らしから、我が家の犬歴も
26年ほどになりました。
いろんなことがあって父さんにお願いしてピコを迎えてから・・・
ピコとヴィントのきっても切れない糸を紡ぎながらの生活!!

そんなピコも9月6日で13回忌を迎えました。
かあさんは虹の橋にいるピコちゃんに、ヴィントのことを
お願いせずにはいられませんでした。

ピコちゃんの13回忌・・・そこにはいつも笑っているピコがいます☆





9月4日に無事にお誕生日を迎えたヴィントでしたが・・

かあさんの長いお盆休みが終わってからの1週間・・・
ヴィントの体調が思わしくなく・・・
食欲のない日が続き、それにお薬も十分にはのんでくれず
貧血予防にと父さんが買ってきてくれた馬肉も牛肉も豚ひれも
全く食べなくなり、あっさりとしたむね肉はオヤツ程度には食べてくれましたが、
身体をさわると熱っぽいし、牛乳水は飲んでくれましたが
ゴートミルクは拒否されたり・・・

仕事から帰ってからのおやつはバロンをだしにお腹もすいていたのか
少しは食べてくれたのにはとても救われました。

調子の悪い時のヴィントは目やにが多く、それこそ顔色が悪いのがわかる
ような状態で、朝、仕事に出かけるときにはいつもにぎやかなのに、
吠えることもなく・・・玄関でてエレベータに乗っても・・・とても不安で
帰ってきても歓迎もなく、とても寂しく・・・
 
僕!だるいよって訴えているようでした!

だけど、父さんが帰って来る頃には少しは調子が良く
バロンと一緒になって吠えて父さんを迎えていました。
少し、調子がアップしたのかなぁと思いながら、晩ご飯を食べてくれるのを
期待していましたが、かなぶりに終わったりと・・・

仕事に行ってても、ヴィントのことが気になり、もしや?なんて
悪いことばかり考えて顔を見るまでは気が気ではありませんでした。

食べないヴィントは体重も落ち、首のあたりや顔も細くなっていて・・・

24日の診察では・・・

体重は4.1キロから3.9キロに落ちていて、エコー検査でも
腫瘍の大きさも 右→ (4.8mmと2.9mm)左→(4.7mm)
ALT 73→191 ALKP 221→510と身体はかなりだるかっただろうと
思う数値でした。
CLPも 9→16、当然、白血球も 92.79→109.44へと

朝のお薬拒否に伴い、お薬は夜だけにと変更して頂きました。

抗がん剤も3日に一度、ステロイドは2日に一度と変更になり
お薬を飲ませる時は、とにかく食べてくれるものなら何でもいいよって
言って下さいましたので、ヴィントが欲しがりそうなもので
与えるようにしました。

ちょうど病院の帰り、道の駅で買った穴子を父さんが炊いてくれて
穴子に包んでお薬をあげるととても美味しそうに飲んでくれました(^^ゞ

病院に行くとふるふる先生には画像や動画を見せて、2週間のヴィントの
状態を伝え、先生と話している事などメモを取ろうとしていると書くよって
頂いて、とても有難く、数値の変化にも自分のことように心配して下さって
いろいろヴィントの様子をお話することができるのが、
とっても気持ちが落ち着く通院日となっています<m(__)m>

そんな24日はテンション低めだったかあさんでしたが、
その日は実家には帰らず、みんなで一緒にいました。
それが良かったのか、とても元気だったので、今度はヴィンちゃん大丈夫って?
何も食べない1週間が嘘のようでした。。

といっても、居ない時は父さんもカルテットのケアなど、いろいろ
大変なことばかりお願いしていて、文句一つ言わず助けてもらっていることに
感謝しています。

まだまだ一喜一憂の日々ですが・・・
応援して下さる方々のパワーをたくさん頂いて、一日一日を過ごすことが
出来ている事に感謝でいっぱいです。

有難うございます<m(__)m>







身体と数値・・・
仕事も 少し落ち着いたかなって思ったのですが・・・
次から次へと年齢のせいなのか処理能力が衰えているのか?!
・・・トホホです(^^ゞ

ヴィントの病状を書きとめておかなければと思いながら2カ月も放置です(*_*;

6月・7月分の主な数値から

    (6/1)  (6/15) (6/29) (7/13)(7/27)       
へマト  38%   31.7%   36%   35%  31%
(37.3−61.7)※貧血気味です。

白血球 62.91 76.24 71.46 85.70 108.26
(5.05−16.76)
※白血球はどんどん高くなっていて、先生も白血病ではないかと疑がわれる程

PLT  357   433   484   463   336
(148−484)

CRP  7.3   12    3.45    19   19
(0〜1)                (※今までにない数値です!)
  
※CRPの数値は遥かに高く、やや低いのもありますが炎症があるので
これ以上、下がることもなくヴィントの身体の調子によって上下しているのが
よくわかる数値でした。
それでもヴィントは頑張ってくれています。

そして、ALT、ALKPなど肝臓の数値は6月1日は正常値でしたが
6月29日には正常値よりやや高く、7月13日にはALKPは正常値で
ALTのみやや高く、7月27日にはALT145、ALKP353と
高い数値となりました。
ALTの正常値は(10−100)・ALKPの正常値は(23−212)

ヴィントの肝臓は左右共に腫瘍に侵されていて、大きさも少しづつ大きく
なっています。
7月13日のエコーでは、右は32.9mm、左は49.5mmでした。

小さな身体の中にこれだけ大きな腫瘍があるのはとってもきついだろうと
思いますが健気でいるヴィントをみていると抱きしめたくなります。
するとヴィントからはうざいとうなられる母さんです(>_<)

そしてこの時期・・・抗がん剤は(クロラムブシル)という錠剤を
           2週間に一度3錠



その他、甲状腺ホルモン剤や肝臓、胃炎、消炎剤、ベジサポ、漢方、
ステロイドは(2日に一錠)、先日ブログにも書きましたが漢方は全く
受け付けなくなり飲ませるのを中断することに、
本当は漢方も飲んでくれるといいのですが、食べてくれることを優先
しましょうと言って頂きましたので・・・

休み明けの朝はややきつそうですが、みんなと公園に居る時のヴィントは
あっちにこっちにとおやつをもらいにとても楽しそうです♪
↓のヴィント目が輝いているでしょう〜♪



おやつ仲間のかれんと一緒だよ〜ん♪



はち君のママ〜・・・おいもくだしゃ〜い(*^^*)


お散歩のときはいつもこんな感じなのに・・・

7月終わりぐらいからの食事はこれは嫌、あれは嫌と如実に表れ
お散歩も歩かないので抱っこ、シンバは歩き散歩はスリングインで、
ずっとは抱っこできないのでヴィンちゃんここからは歩ける?
って下ろすと歩いてくれます。
バロンは引きが強く匂い嗅ぎに必死で右往左往しながらの散歩をしています 笑




毎朝のお散歩はこの格好ですので、知らない方からも声をかけられる
ことが多いです 笑

体調の変化も様々ですが、数値に反してこの時期は元気だったので数値と身体の
状態は比例しないのだろうかと思ったほどでした。

次は8月のヴィントへと・・・
1年前・・・
 
5月26日ヴィントの脾臓摘出手術をしてから一年が経ちました。

その1年前にも入院をしたのがこの時期で、まさかの2度目の手術になるとは
思ってもみませんでした・・・

それも早急に手術を要することから、F先生にはお休みをさいて頂いて
ヴィントの手術となりました<m(__)m>
その様子は・・・

脾臓の腫れはエコー検査でみても大きくなっていたにもかかわらず、
手術は短時間だったので父さんも驚くほどで、手術を見学していた私も
驚いてしまったほどでしたし、出血がなかったことにも驚いた手術の様子でした。

取りだした脾臓は大きくて、すぐに病理検査へ・・・

不安を抱えながらの検査結果は・・・
聞いたことのない病名で「組織球性肉腫」・・・

脾臓が原発だったヴィントはその後、肝臓に転移などが考えられるので、
先生から抗がん剤を服用することを勧められました。

でも即答できず・・・あの時の気持ちは何をどうしたらいいのか
ヴィントにとって最良のことは何なのかなど・・・思いつくこともなく
堂々巡りの状態の時に、信頼しているお友達からのアドバイス等で
これからのことを考えられるようになりました<m(__)m>
あの時は何時間も私の気持ちや、ネットでの情報など私の思いのたけを
たくさん聞いてもらったことで、道筋ができたこと本当に有難く思っています。


そして、F先生やパル動物病院の方にはいつも優しく接して頂き
入院中のヴィントは我儘を言いながらも、とても居心地がよさそうで
無事に退院でき、2012年後半は抗がん剤投与などもありながら
副作用もなく元気で過ごすことができました。

そして順調にいっていた抗がん剤も、今年の2月副作用の膀胱炎になり、
現在も治療を続けている中・・・
手術からもうすぐ一年を迎えようとしている5月に、
肝臓に転移していることがわかりました。

4月初めぐらいは、食欲も通常より落ちて心配しましたが・・
今のヴィントは食欲旺盛で、とうさんもかあさんもとても嬉しくて・・・
これからも肝臓の中に潜む腫瘍と上手に付き合っていかなければと
思いました。

頑張っているヴィントや何より、ヴィントの病気のことでちゃんと耳を傾けて
頂ける先生に恵まれていること、そして心配して励ましのコメントや電話などを
頂くお友達に支えられ、私達はとても穏やかに過ごすことができていることに
感謝してもしきれません<m(__)m>
本当に有難うございます。。

↓の画像は・・・
5月というのに、とても暑くて、そして久しぶりにエディ家の庭で遊んだ
ヴィントです(^v^)



いつも僕のこと応援してくれてありがとう〜    by ヴィント

抗がん剤その1・・・
 連休後半から2週続けて出かけることができて、とっても楽しい時を
過ごした我が家!!

その連休後半6日はカルテットのシャンプー日!

抗がん剤を6日、7日のどちらかに飲ませることにしていたので、
私達が家に居る6日に飲ませることにしたのでヴィントのみ
シャンプーは持ち越しとなりました。

抗がん剤ロムスチンを飲ませる時は何故か緊張するかあさん!
(副作用として、吐き気や骨髄抑制、肝毒性)

抗がん剤を飲ませる30分前に吐き気止めを飲ませ
30分経ったらロムスチンを飲ませるという順序です。
嘔吐をした場合は、直ぐに片付けることができるようにと
家に居る日を選びました。

だけどヴィントは吐き気止めも効いているのか、何事もなく食欲もあり
どうかなぁと思いましたが、夕方のお散歩も普通に行くことができました。

先生からは免疫が落ちているので、ワンちゃん達がよく排尿するところには
連れて行くのは止めてねって言われてたにもかかわらず・・
いろんなところに連れていちゃいました!
ヴィントはかあさんの監視付ですが・・・(^^ゞ

先生〜〜守らなくてごめんなさ〜い(^^ゞ

投与後からのヴィントは食欲旺盛で、
そんな様子をみているかあさんは精神的にとても落ち着くことができたし
ヴィントにとってもみんなと一緒居ることがプラスになっているようで(^u^)

それともう一つかあさんの落ち着いている訳は・・・

先生とのコミュニケーションや、ブログや電話などで励ましてくれるお友達が
いてくれるということ・・・
それに何かあればかあさんの不安を見抜いて、アドバイスをくれるお友達が
いるからだと!
そして、もちろんいろんな事に協力してくれる父さんがいるということも!!

いつもたくさんの方に助けられているからこそ落ち着いていられるのだと
思うと感謝で一杯です<m(__)m>

お昼ごろから、トリオのシャンプーをしてドライヤーで乾かし
お昼寝もしたトリオと抗がん剤投与後の様子を見ていても
ヴィントに変化はなさそうでしたので夕方にはお散歩へ・・・

少し遅い時間でしたが・・・

退院してきたばかりのアーサー君やヴィントの後ろにちょこっとみえてる
団長君とはち君とお友達のプードルちゃんに会うことができました。。

↓はち君ママのおやつに釘付けのヴィントです(笑)



そしてこちらも・・・またまたはち君を拉致!

拉致するならおやつぐらい準備して欲しいよね〜はち君!!


良く遊んだ連休中の抗がん剤投与1回目も無事に終わり・・・
ホッとした一日でした(^v^)











CRP12の訳・・・
 お天気に恵まれた連休も終わりましたね!

かあさんの連休は10連休でしたが、結局30日と1日と仕事に行きました。。
1日までに済ませなくてはいけないことがあって・・・(^^ゞ

そして連休前半の27日はシンバの1ヶ月検診で、父さんにお願いしました。
シンバの腎結石は、大きさも場所も変化なく現状維持ということでしたので
また様子見となり、エコー検査等をして頂いて終わりました。
次の診察は1ヶ月後になります。

その後、かあさんは実家に帰る準備とヴィントの病院へ
ヴィントは血液検査があるといけないので、朝食抜きにして
診察が終わって食べさせるように準備をして行きました。

今日は全員同行ですので、ヴィント以外の子は父さんと車で待機してもらって

ヴィントの診察です・・・

F先生にCRP12って数値気になりますっていうと
先生もそうなんですよね〜って
そしてまずエコー検査から腎臓は異常なし、胆嚢も以前と変化なし・・・
さて肝臓です・・・すると先生のあ〜という声・・・
やっぱり!肝臓に転移!!
CRP12の意味はこれだったんだと・・・
なので、ヴィントのお腹はあまり触らないようにして下さいって言われました

エコー検査も終わって、先生と二人になった時・・・
先生の目からこぼれるものが、目を真っ赤にしてぽろぽろと流れる涙
ごめんねって・・・でもこの時は以外に平常心だったかあさん!!

けれど先生に泣かないで下さいっていいながら、結局貰い泣きしてしまいました!

先生の涙の訳はわかりませんが、手術からもうすぐ1年・・・
良く頑張ってくれたことと同時に先生も闘って下さっていたのかなぁと思ったり・・・

そして、父さんも同席の上これからの事を話しましょうと言われて
車で待機している父さんを呼びに(この時携帯で呼べばいいのにと・・・)
そして先生の方からとこちらから治療に際しての提案をしている時
ネットで調べてみたいことがあり、スマホをとりだそうとしていると
トイレにバッグを置いたままにしていたことに気づいて慌てて取りに・・・
落ち着いていたと思っていたけれど、やっぱり動揺していたかあさん!

先生の治療法としてはもう一回、ロムスチンという抗がん剤を少量使用
するかどうかということ・・・
でもその日はお話だけで、現在、膀胱炎の治療も行っているので今回は
ステロイドをだして頂き4日に行くことになりました。

診察を終えて、父さんにヴィントの食事を取りに行ってもらうと・・・
突然、鮭が入ってた?って・・・
何でって?って聞くと鮭だけがないって・・・
それとアルミホイルのかけらしかないって?
鮭を食べたのはバロンだと思うけれどアルミも食べるかなぁと?
もしかしてアルミについている匂いでシンバが食べたのかも?って
????ばかりで想像しか・・・

車の中に食べるものを置いておくのはとても危険な行為の我が家!
いつもカルテットを残す時は食べ物は、持ってでるっていうのが鉄則だったのに
その日に限って・・・
食べたことにおこっても仕方のないこと・・・
ただアルミを食べていたならと思うとそちらの方が気になり
午後からの診療が15分ぐらいで始まるので、結局バロンの名前を記入して
診てもらうと事にしました。
状況を説明し、手術前の忙しいF先生も加わって頂いてレントゲンで診て
頂いた結果、アルミホイルは写らないことが判明・・・
なので様子見となりました(^^ゞ

その後、父さんにカルテットの事をお願いしてかあさんは実家へ・・・
だけど便にもアルミは出ず、バロンか?シンバか?どちらも元気で
現在に至っています。

この日はいろんな事があり過ぎて、実家に帰った私は爆睡でした。

こんなものを・・・
 今日から5月ですね!
でも肌寒い5月の始まりになりましたが、今週はお天気良さそうですね〜
連休後半はかあさんも久しぶりに家にいますので・・・
みんなでお出かけしたいなぁ〜

その前に上のタイトルの見つけちゃいました〜^m^

先日ある方のブログをみていて思わずポチッとしてしまったもの・・・

                   それは↓ミドリムシ〜〜






気になっていたサプリだったのですが、99セットかぎり・・・お安くっていうのを
目にして早速ポチッとしました。
サプリはいろいろあるのですが、病気を持っているシンバやヴィントにも
合う物でと思うとなかなかなくて・・・
それで、シンバにも良いか、ヴィントにも、もちろんブランディ、バロンにも
それぞれの先生に確認をするとカルテット全員にOKでした。。

届いてからまだ4日目ぐらいですので効能の方は何とも言えませんが、
全員が食すことのできるサプりが見つかって・・・
気持ち期待大のかあさんです(^u^)

食事に混ぜて食べてもらっています・・・

昨日の食事の様子ですが・・・(もちろんミドリムシ入ってますよ〜^m^)




匂いは少しありますが、カルテットは嫌がらず食べてくれるので安心しました。。

こんな子にお勧めだそうです・・・

最近元気がない、体が弱くアレルギーが出がち、運動不足で太り気味
好き嫌いが多く偏食がち、毛並み・毛艶が気になる、お通じがよくない
怪我・病中病後の健康維持、いつまでも長生きしてほしい・・・
におすすめだそうです!

通院日・・・
 先日は副作用の記事などに心温まる言葉や励ましの言葉を頂いて
大変嬉しく読ませて頂き感謝でいっぱいです<m(__)m>

我が家は・・・
ヴィントや腎結石が大きくなるリスクを抱えているけれど、とにかく食べることが
大好きなシンバと(笑)年長のブランディの逞しさと末っ子バロンの素直さに
後押しされながら・・・かぁさん頑張るぞ〜と強く思いました<m(__)m>

とうさんがいない週は・・・
年長のブランディがとうさんの布団を一人じめして朝まで
ぐっすりこんとお眠りになっている姿は何事もなかったかのように
一日が終わるような気がして安心して私も眠ることができます^m^



そして、週末・・・お昼から生憎の雨になってしまいましたが
熊本から帰ってきたばかりのとうさんを追いたてるように病院へ・・・(^^ゞ
今回はブランディとシンバにはお留守番をしてもらい、付き添い要員に
バロンを連れて行きました(笑)

久しぶりにお昼から行ったので、手術などで担当の先生を指名する事が
できないのをすっかり忘れていた事に気付いたかぁさん(..)
だったのですが・・・担当のF先生にお話しして頂き病院の方とF先生の
ご配慮で手術前の慌ただしい時間に診察をして頂くことになりました
<m(__)m>

早速、先生に今までのヴィントの状況を説明

病院に行く前までの1週間のヴィントの食事について・・・
食いつきにむらがあり、
かあさんの作った食事は気がすすまない日があったりと・・・
お友達から頂いたレトルト「犬日より」を食べさせると良く食べてくれたり
今日はどっちと戦々恐々のかあさんです(^^ゞ
残尿感なども一因なのか?抗生剤などの匂いも原因なのか?と思ったり
漢方以外のお薬はお肉に挟んで食べさせたりと・・・

それでも仕事から帰ってきてからのおやつは、五月蠅いぐらい催促したり^m^
その時は大目にあげたりしながら・・・甘いかあさんです(^_-)-☆

だけど体重はここのところ減り気味で・・・4.7キロ→4.4キロ→
2週間前は4.2キロだったのが3.9キロまで落ちていました(-"-)
(食欲があったり、なかったりなので仕方がないのかもしれませんね)

診察は・・・尿検査とエコー検査そして採血です。
ヴィントはエコー検査や採血時も大人しく、カテーテルもちょびっとは
動きましたが、まずまずお利口さんで終了しました。
その後は待合室で検査結果を待つことに、
するとレントゲンを撮りますからとヴィントだけ診察室に・・・胸騒ぎが(..)

結果がでたので診察室に入ると・・・尿検査はPH6.5細菌感染はなし
鮮血混入あり・・
エコーで見ると膀胱壁が随分荒れていて、ひどくなっていましたので
そこからくる血尿のようだと・・・
その他の臓器も見て頂きましたが、?のところはないようでした。

だけど、白血球の数値は32.25から64.71に上昇していて、
CRPも12と不安な数値!
昨年の脾臓の腫れが見つかった時もCRPは14と、高い数値でしたので
先生ももしかして肺に転移かと・・・
それでレントゲンを撮られたようですが、見る限り異常はありませんでした。

痩せた身体のヴィントのレントゲンはとても見やすかったのが
良かったのかどうか・・・

そしてお薬が変更になりました。
ステロイドを使ってみましょうかと言われたのですが、今回はやめて
以前にももらった3日に一度の消炎剤をだして頂き、今まで飲んでいた
N40の漢方はやめることにそして1週間後に病院に行くことになりました。

いつもそうですが・・・
担当のF先生と病院の方には、優しくして頂き、今回もお忙しいところ
ご配慮頂き本当に有難うございました。
みなさんに助けられているとまたまた感じた次第です☆

まだまだ目がはなせないヴィントですが・・
ブランディやシンバやバロン達と一緒にいることがヴィントの頑張りにも
つながっているのだと思いますので、気長に付き合っていくぞ〜と
思いました。。
ヴィントは早くすっきりしたいよう〜って思っているでしょうけど・・・(^^ゞ

病院を後にしてかぁさんは実家へ・・・最終便しか間に合わず
待合室で1時間半ぐらい待っていると乗船アナウンスが・・・
外に出ると小雨にが・・・気分も上向きになりました(^v^)

きっと大丈夫!だって・・・

そして、
とうさんはお留守番時のカルテットのお世話など大変だと思いますが
助けてくれるとうさんがいるから、実家にもいけるんだとやはり感謝です!!


今のヴィントは、まだ血尿がありますが、かあさんの手作り食事も80%ぐらい
食べてくれます(^u^)
食いつきの度合いはまだまだ本調子ではありませんが、
仕事に行く時の吠え方はとても寂しそうながら、帰って来てからのお迎えの声は
しっかりしていて、たくさん撫で撫でしてあげます^m^
ヴィントには不評なのが残念です・・・(^^ゞ

こんな感じでヴィントも様子見の状況ですが少しずつ快復してくれる事を
期待しているかあさんです!!