4ダックスと料理大好き父さんと日々のこと・・・
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

予定盛りだくさんパート2・・
今朝のバロン地方はとっても寒かったです(*_*;
朝散歩は北風が強くて寒いし走ると飛ばされそうなぐらい
それでもバロンと一日の始まりのお散歩へと行って来ました・・う〜さぶ


だから走るしかない(^^ゞ



そしてまたまた土曜日の続きです。

鍼治療を終えて次に向かったのは・・
バロンのハーネスが出来たので受け取りに
でも時間が少し早かったので、ご無沙汰している
P病院へと向かいました。

1年以上ご無沙汰してました(>_<)

だけど、病院が近くなるにつれ、涙があふれてきて・・・
3年近く通ったP病院・・
特にヴィントとの思いが強くとぅさんがいる時はカルテットと
一緒だったり、ヴィントと二人だけの電車での通院だったり、
ヴィントも良く頑張ったね!

待合室では相変わらず多くの患犬ちゃん達が・・
受付や待合室の椅子の配置などが少し変わっていました。
そしてCTも導入されたそうです。
するとヴィントを可愛がって下さったA看護師さんが
診察室から出てこられハグしながらお互い涙が・・・
受付の方もとても喜んで下さって・・
私といえばヴィンちゃんでしたね!って言われるぐらい
最後の半年ぐらいは毎週土曜日通った病院でした。

あの時は無理を聞いて頂いたりと大変お世話をかけましたし
あれから1年少し、シンバも大変お世話になりました。
だけど、F先生は危篤の子の診療にあたっていらして残念ながら
会うことができませんでしたが、またF先生に会いに行きたいと
思っています。

P病院を後にして・・
楽しみにしていたハーネスを受け取りに車を走らせました。
そのことはまた後ほど・・

そして、午後からはC病院へ・・
ぶ〜ちゃんの尿検査と目の検査です。

ぶ〜ちゃんの体重は朝3.4キロだったのが、午後3時半には
3.35キロに減っていました。
先生もこの年齢だと仕方がないとのことでしたが、下痢をしなければ
もっと食べさせて下さいということでした。
腎臓が気になるので、タンパク質はなるべく抑えたいけれど、
だからと言ってお肉大好きぶ〜ちゃんは食べてくれなくなるので
それも困るし、今までより少し多めにあげることにしましょう。

それと少し脱水気味なので水分をとにかく摂るようにということ
このことについても水だけだと飲んでくれないぶ〜ちゃん(>_<)
牛乳水でもいいですからということで
お散歩にはスキムミルクを水で薄めて、少しだけ牛乳を入れて
ぶ〜ちゃんの水分補給とします。

それと左目ですが、毎日嫌がらずエリカラをつけて頑張った甲斐があり
以前より良くなってきましたぁ〜目薬も1個減りましたよ!嬉
でもまだまだ油断は禁物なので、エリカラ生活は続きます。。

そして、尿検査の結果ですが、
相変わらず比重は1,016変わらず低いままです。
その他は変化なしなので◎ということにしましょうね!
4月にはフィラリア検査をしますので、その時にバロンも一緒に
血液検査をして頂くようにしました。

長い時間の車移動で疲れたのか抱っこしているとぐずる
ぶ〜ちゃんなので、ボックスへ移動させました。
ここでも顎つけが必要のようで、、簡易的に作ってあげましたが
ボックスにもMちゃんからプレゼントしてもらった
ダックス君の枕を置いてあげようね!
そしたら車移動も快適になるかな・・・笑



長い時間の病院の梯子に頑張った19歳5か月のぶ〜ちゃんに
ポチッとして頂いたらとっても嬉しいです♪
 
予定盛りだくさん・・・
月初めはぶ〜ちゃんの鍼治療の予約日
10時に予約を入れているのでぶ〜ちゃんはもちろんですが、
バロンももちろん付き添いで一緒に病院へと行きました。

そのぶ〜ちゃんですが、体重が3.4キロに・・(*_*;
3.6キロをキープしたかったのですが、0.2キロ落ちていました。
年齢的にいえば、認知がないわけではないので食べても吸収しにくく
なっているのだと思うのですが・・・
背骨も出ていて、後ろ足の筋肉が落ちているので安定があまり
よくないので、栄養が摂れて体重が増える何か良いものないかな?
って考え中です!!


そして、10分間の鍼治療に入りました。
本日は体重減少や、身体全体にいきわたるようにお願いしました。

身体をぶるぶるさせるので、鍼4本落ちました・・(^^ゞ


落ちる度に院長先生が新しい鍼をさしてくれます。
もう少しだから頑張ってね!


そして、10分間の鍼治療も終わり、来月の予約とバロンの
おやつタイプのグルコサミンと水素水を頂いて次へと向かいました。

土曜日の予定はまだまだ続きます。。

※ブログ村に参加させていただいています。
鍼を打ってもらってまだまだ歩くよって頑張っているぶ〜ちゃんに
ポチッとして頂いたら嬉しいです。。
 
病院の日・・

今日は朝から病院へ、
午前、予約していたぶ〜ちゃんの鍼治療にE病院へ。。
その後、11月にお願いしていたハーネスが出来上がったので
受け取りに行ってきました・・・
だけどお店がオープン前でしたので、ず〜と会いたいと思っていた
ヴィントがたくさんお世話になったP病院へ

そして、午後からはぶ〜ちゃんのご目薬や腎臓のお薬をもらいに
C病院へ・・

今日の我が家の一日は病院行きで終了しました。

その後は長い時間付き合ってくれた、バロンとぶ〜ちゃんも一緒に
お散歩へと行き、土曜日の一日が終了しました・・(>_<)


まだ画像の編集ができていませんので、詳しいことはまた後日・・
今日はぶ〜ちゃんとバロンの寝ている画像で失礼いたします(*_*;


明日もバロン地方はお天気がよさそうなので
楽しい日曜日が過ごせるといいね!



 
鍼治療の日・・
寒かった7日は予約をしていたぶ〜ちゃんの鍼の日でした。
ぶ〜ちゃんの体重は3.6キロと変わらずでした。。

この日のぶ〜ちゃんは鍼をさしたまま、じっとしてなくて
何度も鍼落ちましたぁ〜って看護師さんが先生を呼んだりと(^^ゞ


一度注した針が落ちても二度使うことは絶対にありません!

そして、現在ぶ〜ちゃんのお薬はリンを排出するレンジアレンと
目薬だけでほかには飲ませてはいません・・
だけど、1ヶ月前から体重も落ちてきて活力がつくようにと
漢方を1錠飲ませています。
ただ気になるのが腎臓に負担がかかるお薬は飲ませなくて
よいものなら避けたいので、必ず、腎臓には影響ないでしょうかと
聞く母さん・・・
問題ないということでしたので服用しています。

そして、バロンの足の様子を診ていただきました。

私たちは右足が痛そうだと思っていたら・・

後ろの両足を交互にそろ〜と後ろに引くと、右足は違和感がなさそう〜
でも左足を同じように後ろに引くとやや顔をしかめたバロン
左足に違和感を感じていたのでした。。

そして、診断結果は一時的な変形性股関節炎症ということでした・・
もうすぐ10歳を迎えるバロンの激しすぎるディスクキャッチには
股関節が耐えられなくなっているということと、一時期グルコサミンも
飲ませていたのに、やめてしまったのも原因の一つなのかもしれません!
本当は今からがグルコサミン等のサプリに頼らなければいけないのに・・
院長先生からも加齢に伴う一時的な症状ということでしたが、
おやつタイプのグルコサミンを勧められ購入しました。

今のところ、鍼をする必要はないということでした。
お散歩ではボール遊びを軽〜くね!
元気に走っているのがバロンなのに、走れなくなると辛いものね!

ちょうど馬の筋肉を買ってきていたので
バロン達のためにあげるように変更しました・・
何度もゆでた馬のすじ肉、とろ〜んとして美味しい匂いに、
台所に何度も目をやっていたバロン・・・
美味しい匂いのする場所へ、とぅさんに抱っこされて確認するバロン・・



すると・・・がぶ!バロン君いくらなんでもそれはやりすぎでしょう!


これからはお散歩のおやつは筋肉にしようね!
コラーゲン!コラーゲン!!

お散歩のお友達のママから、
バロン君は何歳になっても少年の様やね!って
言われると親ばかかぁさんは嬉しくてたまらないの・・・(*^_^*)
だからこれからも好きなことをしながら年を重ねて欲しいと思う
とぅさんとかぁさんなのです・・・

※ぶ〜ちゃんとバロンに応援のポチっとして頂いたら
 とっても嬉しいです。。
 


 
病院記録・・
1月31日 ブランディの腎臓のお薬と目薬なども無くなる頃でしたので
診療もかねていつもの病院へと行ってきました・・・

ぶ〜ちゃんの体重は3、6キロで一時期4.1キロまで増えていた体重も
現在は食べても増えなくなってしまいました。

そして左眼と右眼を診て頂くと角膜剥離をおこしている左眼は、
以前よりも悪くなっていて傷がかなりついているらしく
エリカラも支障のない程度にはずしたりしていたのが
裏目に出たのかと思うと・・・(T_T)
ぶ〜ちゃんの年齢になると少しは負担をかけずにと思う気持ちが
結局負担をかけていたんでしょうね・・ごめんね(-_-;)

ぶ〜ちゃんの年齢では薬でも腎臓が悪かったりすると使用
できなかったりと良く分かっているし、
院長先生の話からもよくわかるし・・

院長先生もどうしたものかと・・・
ひどくなっている状態なので、これ以上ひどくならないようにと
目薬を変更することになりました。
それに、感染症にも気をつけなければいけませんし・・

左眼に点眼していた目薬をヒアレインミニ1回使い切りに変更
 追加でファルキサン0.3(抗生剤がはいっているもの)に変更
右眼はいつもの目薬で変更はありませんでした。

目薬の点眼のし方も、使い切りの目薬をした後5分ぐらいおいて
ファルキサンを点眼というのを一日に3回・・
仕事をしているので、出かける前に1回、帰ってきてからと寝る前に
点眼しています。
冷暗所となっているので、冷蔵庫に入れて保管
だけど、目薬をさすのがとても大変なぶ〜ちゃん(*_*;
とにかく、しっかり保定してそれでも顔だけ動かすという
早業でいつも格闘しながら目薬をさしています(^^ゞ
みているとぅさんはぶ〜ちゃんは凄いねぇ~って呑気なものです(-_-;)
だけどお散歩も行ってもいいよって言って下さいました。
広いところで、監視付きであればエリカラははずしていいですよって
良かったぁ!!
たくさんのお友達に会えるのもぶ〜ちゃんにとって
元気の秘訣だもんね!

だけど、夜の食事が終わってからはこんな光景が多いんです・・・
バロンはなにかしらに潜っているし、
ぶ〜ちゃんはバロンの側で寝ていることが多いんです。

 

とぅさんが出張の時もこんな感じで寄り添って寝ています。




二人になってあっという間の1年が過ぎ・・
特に末っ子のバロンは自分を可愛がってくれたり、
怒ったりしてくれたシンバパパがいないことが寂しいと同時に
ヴィントというライバルでもあった存在が居なくなったことへの寂しさも
あったと思うし、だからこそ二人で寄り添うことがぶ〜ちゃんにとっても
バロンにとっても唯一の支えなのかもしれませんね~♪

10歳差のコンビ・・・これからも仲良くね!

※こんな二人にポチっとしていただいたら嬉しいです。。



 
予防・・
一段と寒さがましてきましたね!
雪がちらほらしている中、バロンと朝散歩に行ってきました。
思いっきり走って寒さを吹き飛ばしてきましたよ〜(*^_^*)
そして、インフルエンザも流行っているようですので
師走の忙しい時期、皆様気をつけて下さいね!

そして、タイトルの予防ですが・・・
先週末、ぶ~ぶ〜の月に一度の鍼治療に行ってきました。
お留守番時、チッコやウンチの時以外は寝てばかり・・・
なので、足腰が弱るのを避けるためと寝たきりにしないための
予防です。

今年初めマーフィー君がヘルニアになって、注射などの治療と併せて
ぶ〜ぶ〜も鍼に行くので良ければとママたちの承諾を得て
毎月1回鍼治療に通っていました。
11月・・・マーフィ君とぶ〜ぶ〜の鍼治療の様子です。
2月にヘルニアを発症、ステージ4だったマーフィー君は注射やお薬
そして鍼治療とで、めでたく終了となりました(*^_^*)



完治したとはいえ、用心しなければいけませんが
以前と同じように走れるのはマーフィー君にとっても
とっても嬉しい事だと思います。

マーフィー君良かったね!
でも寒くなると身体がこわばるので気をつけてね!
鍼治療をしている時は、おやつは拒否られましたイヒヒ


そしてぶ〜ぶ〜はというと、
元気でいるかぎり月1度の鍼治療に通います。
今回の鍼はまたリクエストをさせていただきましたぁ〜わーい

アンテナはもちろんですが、前足の支えが弱く、
食事をする時など、どんどん足が広がっていって食事の時が
しんどそうでしたので、前足にも打って下さいと・・
院長先生も快諾(*^_^*)


かなりの本数刺さっていますラッキー

両前足に打って頂くと、しっかり支えることができ
効果ありでしたぁ〜あっかんべー


ぶ〜ぶ〜が鍼治療をしている間は・・
とぅさんの膝で待っている、バロンとマーフィ君兄弟 笑


鍼が終わるとおやつを頂く二人、バロンは付き添いなのにご褒美
貰えて良かったね!
付き添いも大変なんだよ!って言っておりました・・・笑

そして毎月?発行されているわんにゃんワクワク新聞に
鍼治療の効果ということで、ぶ〜ぶ〜も掲載して頂きました。。


鍼の効果で麻痺した子が歩けるようになったりと
↑の記事にも掲載されていますが、
大分からも、5年間で108回通院されたとか
飼い主様の歩いてほしいという気持ちがそうさせているのだと
思うと大変だと思いながらも飼い主さんの思いがひしひしと
伝わってきました。

※再発の可能性がないとはいえないまでも身体の負担が軽減できるのも
嬉しいことだと思います。

10数年前、お友達のワンちゃんが後ろ足が完全に麻痺して
最初は週に2,3回の通院でした・・そして約3ケ月最後は1週間に
一度の通院となり、完全復活してくれた時は嬉しくてお友達と
手を取り合い喜んだことを思い出します。

ヘルニアの症状によっては手術を余儀なくされることもあると
思いますが、治療の一環として考えてみるのも良いのではと
思います。

※病院の新聞に掲載して頂きまして有難うございました。

 
病院
とぅさんが出張から帰って来た日・・
午後の診察に間に合うようにブランディの病院へと行きました。
もちろんバロンもお伴してます あっかんべー

一時良くなったと思ったのですが、また目やにが多くなり、
サプリの(レンジアレン)も在庫が少なくなってきているし
それと、先日電話でご報告を頂いた血液検査の結果報告書も頂きに・・

午後の診療は一番と思ったら、2番目でした・・

そして我が家の番になり
ぶ〜ちゃんの体重測定から、4キロでした。
血液検査時は3.8キロ 以前は4キロから4.1キロだったので
1ヶ月後に200g落ちていたので、先生も渋い顔でしたが
体重増えてますねって、にこっとしていただきホッとしたかぁさんですわーい

年齢と共に体重が落ちていくのは、筋肉の衰えなどもろもろ
あると思いますが、ぶ〜ちゃんの場合食欲もあるし、体重も維持できて
いたのでどうして体重が落ちたのか、頭の中は???でした。
となると病気?と思うと胃がきゅ〜と痛くなりましたが、
現在のところは一安心です。

そして目の検査では、緑内障などではなかったので安心しました。
お家では目に温シップをして瞼のマッサージと目薬は1日2~3回注して
くださいということでした。




最後に血液検査の報告について説明をして頂きました。

↑について丁寧に説明をして頂き19才にしては、
まずまずの結果でしたラッキー

血液検査で、りんが正常値内なのはレンジアレン(サプリ)
が効いているのだろうと思います。
黒いう●ちをしますが、全然気になりません・・
りんを吸着してくれるので、現在のところぶ〜ちゃんの大好きな
お肉などのたんぱく質も少量ですが食べされることができるので
本当に助かっています。
(レンジアレンについては:
 現在のぶ〜ちゃんの症状にはということですので、掛り付けの病院にお尋ね下さいね!)

水分もあまり摂らないぶ〜ちゃんは手作りの際の水分と、
水だけでは飲んでくれませんので、薄い牛乳水(パピーの頃から
飲んでいますが一度もお腹をこわしたことがないので)を飲ませています。


これからは、検査結果とぶ〜ちゃんの日ごろの様子を観察しつつ
元気でいられるように頑張りたいと思います。。

※ランキングに参加させて頂いています。
ぶ〜ちゃんに応援のポチとして頂けたらとっても嬉しいですわーい







 
月1回の・・・

鍼治療の日・・・

ブランディは小さい頃からボール遊びやディスクなど走ることが
大好きで、目が見えなくなる15歳ぐらいまで遊んでいました。
その間、軽いヘルニアに3度ほど罹り、その都度、
鍼治療に通い良くなっていました。

その後、18歳ぐらいから前足や後ろ足が弱ってきて、身体を支えることが
困難になってきました。
そんな時、シンバの息子マーフィー君もヘルニアになり鍼治療を兼ねると
良くなるのではと思い一緒に通うようになりました。

そんなブランディとマーフィー君ですが・・
待合室では震えが止まりませんがく〜
特にブランディはどこでもおれ様なのに、
病院では何とも情けないおれ様ぶ〜ちゃんでした 笑

待合室には我が家だけでしたので、写真をと思ったらなかなかこちらを
むいてくれません(^^ゞ
そこで、看護師さんの協力の元、おやつ作戦で↓の写真が・・
おやつを見つめる真剣なマーフィー君とバロン・・
ぶ〜ちゃんは・・・ 笑



いよいよ鍼治療の時間です。
その時に必ずリクエストをするのが・・・
アンテナもよろしくお願いします!

認知症などの予防ができたらいいなぁと飼い主の希望です。
ぶ〜ちゃんには効いているような気がします 笑
ある程度の認知はありますが・・・
鍼治療に期待しています!!

パピーのころから通院しているブランディ・・・
本日の体重は4キロでした。

そして、無事に19才を迎えたことをご報告しました。
先生、看護師さんもとても喜んでいただきましたチョキ



鍼を打ってから約10分から20分ほど待機です。。
今日もアンテナ、ちゃんと立っています〜るんるん




マーフィー君も鍼治療が終了し、来月も予約をして
付き添いのバロンも看護師さんからおやつを頂きました。
水素水を頂いて病院を後にしました。

本当は月に2回ほど鍼に行きたいのですが・・
どうしても土曜日でないとだめなのでなかなか行くことが
できません(^^ゞ
またブ〜ちゃんの状態を見ながら、行ける時にと思っています。





 
連休前・・・
かあさん早めのお休みに入りました。

その日はブランとバロンを連れて朝一で病院へ
ブランのお薬がなくなったのと尿検査ともろもろ
バロンは最近目やにがつくようになったので診てもらいました。。
目の異常は見られなかったけれど、決断が必要になってきました・・
(歯と前立腺はそろそろお歳がね〜)

そして、ブランの尿検査の結果は相変わらずで、尿の比重は
前の検査より0.002高いけれど依然低いままでした。
その他は異常はみられませんでした・・・

その後、エコーで腎臓を診ると形がいびつになっていました。
それと気になっている、脾臓もエコーで診ていただきました・・・
やっぱり血腫があり、大きくなれば破裂の可能性もあるということ
でしたが、大きさは以前と変わらずで要経過観察となりました。
脾臓に何かある?って言われるとどうしても、ヴィントのことを
思い・・怖いし、身の縮む思いのかあさんです(T_T)

それと以前の検査から半年経つので血液検査のキャンペン中(外部検査)
してますということだったのでお願いしました。
結果は後日でしたが連絡がありました!
連絡があるまでは落ち着かなくてどきどきでした(情けないでしょう!)

結果!白血球はやや高め187↑(最高値170)歯からくるもの
だろうと腎臓に関する数値はBUNもクレアチニンも正常値内でしたので
安心しました。
血小板は0.9とやや低く、コレステロールは以前も低かったし影響は
ないでしょうということでした。

今度病院に行ったときに血液検査報告書をもらいます。
弱ってしまった腎機能は回復はみとめられないでしょうから
現状のままレンジアレンを飲ませて、かあさんの手作りとで
これからも腎臓の経過をみていきます。
結果をきいて現状維持に少しホッとしたかあさんでもあります(^^ゞ

そして、午後はバロンを連れて2つの公園を梯子してきました(笑)
久しぶりに来た近くの公園、久しぶりにプティちゃん達に会える
かなぁって思ったけれど会えなかったね・・・

最初は勢いよくボール遊びをしていたバロンだけど・・




最近のお気に入りのボールはモモちゃんの持っているボール!
バッグの中を確認、だけど今日は持ってないよ〜って云ったら
遊ぶのはやめました(^^ゞ

お友達にも会えなかったので、いつもの公園へ・・
そこではラブちゃんとチーズ君に会えたよ〜

帰りはラブちゃんたちと公園を歩きながら、バロンは思いっきり
走ってはかぁさんを確認したりして、とっても楽しそうだったね〜(*^_^*)
帰ったら、ぶ〜ちゃんも目が覚めていて玄関にいましたぁ〜


遅くなってごめんね〜(^^ゞ






 
数値・・・
4月・5月はフィラリアの検査などで血液検査をされた方も
多かったと思いますが、我が家もブランディとバロンのフィラリア検査を
して頂き、その時に他の検査もして頂くことにしました。

結果・・バロンは正常値、だけどブランディは・・・気になる結果が
18歳7カ月とはいえ

12月にもP病院でブラン、バロンの血液検査をしていました。

その時もブランディの数値はBUN(7-27)→32↑ ALT(10−100)→119↑
白血球は正常値で、クレアチニンも正常値だったので少し安心していました。

そして、C病院で5月19日に検査、外部にだしての検査結果は
白血球の数値が(60−170)→177↑
BUN(8−32)→35↑ここでもクレアチニンは正常値
肝臓の ALT(GPT)(11−69)→105↑
中性脂肪(17−79)→93↑という結果でした。
検査結果を電話で頂き、改めて尿検査ともう一度病院での血液検査、
エコー検査をして頂くために朝起き一番の尿と食事抜きで
ブランディのみC病院へいきました。

尿検査の結果、尿の比重が朝一の尿にしては薄い!
1,030より上でないといけないのですが、1,028
薄いということは・・・
腎臓の働きが低下しているため薄い尿しか作れない・・・
その他の潜血などの検査結果は異常がないということで少しホッとしました。

当日の血液検査の結果は気になるものだけ検査をして頂きました。

その結果、白血球は正常値内で、
GPT(17−78)105→80に少し下がっていて
BUN(9.2−29.2)35→39.6と2週間前より上がっています。
クレアチニンは正常値でしたので少し安心しました。
その後、エコーで腎臓、肝臓などを診て頂き、
肝臓の数値は歯からくるものだろうということ
ちょうど今日は虫歯予防デー
小さいころからお手入れを怠った罰がブランディの身体の中を
蝕んでいるのです。
テレビでも最近よく見かける歯周病のことなど、
人もこの子たちも同じなんですよね!
ブランディが悪い訳ではなく飼い主の怠慢から来たものです・・反省
バロンは毎日歯ブラシとDr.YUJIROで毎日歯磨きをしています。

腎臓に関しては、
ブランディの腎臓の状態はステージ2
(残存腎機能は腎臓は2つありますので)
100〜5%とすると33%〜25%
治療法として4つありましたが・・・
先生が僕がぶ〜ちゃんだったらとブランの気持ちになって出して頂いた
答えは今の食事内容を変えないということ、それは
ブランディがストレスを感じないようにという配慮です。
今の食事内容でブランディは何と言ってもお肉が大好きなので
低たんぱくなものだけど良質なたんぱく質が必須
(私が思っていることです)
先生から療法食などよりも
※吸着炭というものがよいでしょうということでだして頂きました。
※尿毒症物質を吸着して便と一緒に体外に排泄する効果がある
お薬だそうです。


この日もいつものように爪を切って頂き、肛門腺も絞っていただくと、
肛門刺激されちゃたもんだから先生の目の前にぶ〜ちゃんぽろ〜ん・・・
すみません(^^ゞ
するとよい便ですねって褒められましたぁ〜(*^_^*)
それに胆のうもとっても綺麗だと・・
気になることはありますが、かあさんも良く勉強してブランディの身体に
負担がかからないように心がけたいと思っています。

↓の画像は・・・
バロンが9年前に我が家に来るときに入ってきたキャリー
噛んでしまって持って出かけることはできないけれど
バロンにとっては大事な逃げ場所・・暑くなってくると
トンネル状態にしているところからこんにちは〜と
顔をだしたブランです〜(*^_^*)



(親バカですが・・・可愛すぎ〜♪)